自宅でできる角質の固さに応じて使い分ける角質ケアツール5選|Women'sフットケア

  • フリーライター求人
4,778 views
2016年2月26日
自宅でできる角質の固さに応じて使い分ける角質ケアツール5選

角質は、皮膚表面を形成し、人間の体を守る重要な部分です。しかし、角質はかかとや肘などに積み重なり固くなりがちであるため、部位によっては削り落とす必要があります。角質を落とすための5つの商品についてクローズアップします。

WEBライター
  

軽石やヤスリによるかかとの角質への軽いケア

かかとの角質落としのためのツールとして定番であるのが、軽石です。軽石は、多孔質の塊で、表面に荒い穴がたくさん開いています。そのため、天然のやすりとして使用し、かかとなどの角質を落とすために用いられてきました。軽度の角質であれば、軽石を使用しても十分に効果があります。

また、プラスチックや金属製の簡単なヤスリを軽石の代わりに使用することも有効です。お風呂などに入った際に、柔らかくなった角質の上から、軽石やヤスリを用いて角質を落としていきます。 かかとの角質を軽石で削り落としている写真

こまめにケアすれば軽石やヤスリで事足りる

角質が積み重なってきて気になるようであれば、こまめに角質を落としていくことで解決します。少しかかとが固くなった程度の角質であれば、軽石やヤスリをも用いたケアで十分です。あまりに激しく角質を落とすと、今度は肌を守る防御作用によって、かえって角質の厚みが増してしまうことも考えられます。そのため、激しくせずに適度に角質を落とす程度で十分です。

こまめな角質へのケアを心がければ、かかとなどの角質を最善の状態に保つことができます。定期的な手入れのための道具として、軽石やヤスリのフットケアアイテムを準備しておけばことたりるでしょう。また、ヤスリなどは、その形や色なども多様な種類が販売されていることから、選択肢が広いのも魅力です。

スクラッチやワイドスクラッチによる角質落とし

かかとなどの角質が通常よりも固く荒くなってきた場合、かかとの状態が気になってきしまうもの。これを放置しておくと、さらに角質の状態が悪くなってくることもあることから、早めの対処が必要です。

角質が目立ってきたならば、効果的な角質落としのためのフットケアツールを用いる必要があります。角質落としの3つめのもの、スクラッチという道具を使います。スクラッチは、気になる角質をピンポイントでケアする際に利用すると便利です。

広範囲の角質にはワイドスクラッチを使う

しかし、かかとのような広い範囲に及ぶ角質に対しては、スクラッチでは適用範囲が狭くなってしまいます。そのため、4つ目の角質ケアアイテムとして、広範囲に対して効果的に角質を除去できるワイドスクラッチが挙げられます。ワイドスクラッチは、広い範囲の角質に対して、強い効果をもたらす角質落としの道具です。

このように、角質の範囲や場所にあわせて、スクラッチやワイドスクラッチを使い分けて使用すると便利です。スクラッチやワイドスクラッチは、美容商品を扱っているショップでも多彩な取り扱いがあります。デザインや色から、自分好みのスクラッチやワイドスクラッチを探してみましょう。それらを使用する際には、どのような方法で使用するのか、使用方法を守るのも忘れないでくださいね。 角質ケアできれいになった女性のかかと

カミソリ型の角質ケアの道具で強力に除去する

ヤスリやスクラッチのような角質ケアのための道具は、軽度や中度の角質に対して、効果があります。しかし、角質の積み重ねが重度になってくると、もはやこれらの道具では対処できないほどの角質が、かかとなどに積み重なってしまいます。

そうした場合に使用する、5つ目の角質落としの商品として、カミソリ型の角質ケアの道具が必要です。カミソリ型の道具は、金属の鋭い刃をもっています。これまでの方法に比べて、強力に角質の層を削り落とす事ができます。そのため、非常に厚くなった角質の層も、確実に除去することができます。

厚く積み重なった角質では、カミソリによる強力な除去作業が必要です。ただし、扱い方を誤ると、かえって肌を痛め、出血するといった事態にもなりかねません。効果が強力であるだけに、カミソリ型の角質落とし道具を使用する場合には、細心の注意が必要です。

こまめな角質ケアが本物のケア

本来であれば、カミソリ型の角質落としを使用しなくてすむように、角質ケアをこまめに行うことが本物のケアと言えるでしょう。カミソリ型の角質ケアを使うのはあくまで最終手段として、日頃からこまめにお手入れしたいものですね。角質の層の厚さなどを見極めた上で適切な角質落としのための道具を使い、綺麗なかかとを維持しましょう。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇