RSS 2.0 - Women′sフットケア

ガサガサかかとにさようなら!魅惑の足の裏を作るフットケア

フットケア

生まれたての赤ちゃんの足の裏は、それはもうプニプニふっくらとしていてまるで天使のような柔らかさです。しかし大人になると子供の頃が嘘だったかのようにガサガサガチガチの足の裏になってしまうものです。「バサバサした足の裏を、赤ちゃんのような足の裏にしたい!」という想いは全女性共通のものといえます。

UPDATE

ザキヤマK

魚の目…足の裏のリアルな魚の目というキモチワルイ想像をしていた子供の頃がなつかしい…。

プロフィールを見る

  • かかと
  • フットケア
  • 美容
  • 角質
閲覧数
6580

サンダル・ミュールが似合う足を作るフットケア

女性の美しさとは、着飾ることで生まれるのではなく、化粧も宝石も衣装も身に付けていない、素のままの身体から生まれ出るものです。
つまり、どんな高価な宝石も化粧も衣装も、身体自体が美しくないとその価値を引き出しきれないのです。
特に足の美しさは、ラインがきれいであればいいというわけではありません。
サンダル・ミュールから覗くかかとがガサガサで、魚かと見まがうようなうろこ状の角質がびっしり付いていたのでは興ざめというものです。
サンダル・ミュールに負けない奇麗な足を作るには、角質をどのように除去すればいいのでしょうか?

なぜかかとは硬くなる?

かかとの角質がガサガサに硬くなるのは、いくつかの原因によるものといえます。
どのような原因によって、かかとの角質が硬くなるのでしょうか?

ターンオーバーの乱れ

まず、大きいのがターンオーバー(細胞の新生)サイクルの乱れによるものです。
人間の身体を構成している細胞は、一定周期ごとに新生する性質があります。
足の角質層はおよそ28日周期でターンオーバーが行われますが、ストレスや極度の疲労などが原因となりターンオーバーサイクルが乱れ、新しい角質細胞が出来ているのにも関わらず、剥離せずに残って、ガサガサしたかかとになっていくのです。

潤い不足

本来、皮膚の表層はセラミドと呼ばれる、細胞と細胞の間に浸透している保湿成分によって潤いが保たれているものです。
しかし、かかとの角質層は他の角質層に比べるとセラミドが少なく乾燥しやすくなっているのです。
その為、乾燥して皮膚の潤いが少なくなるとかかとには、乾燥の影響が如実に現れてしまうのです。

足の裏への強い刺激

角質層は皮膚の皮一枚隔てた内側にある真皮層を保護するために存在する皮膚組織です。
真皮層は脆弱と言ってもいいくらい刺激に弱いため、角質層が保護していなければならないのです。
しかし、角質層が保護のためにあるとは言っても、耐えられる刺激には限度があります。
その為、繰り返し強い刺激を受けていると、角質層が刺激に対抗できるように自ら肥厚して強度を増していくようになります。

そのため、靴のクッションが弱かったり、剣道などすり足が重要な武道・スポーツをやっていたりすると、刺激で足の裏全体がどんどん硬くなっていくのです。

厄介なかかとの角質を除去するには?

硬く厚くなったかかとの角質は、ひびが入って石垣や魚の鱗のような状態になってしまいます。
こんなかかとではおちおちサンダルやミュールを履いて出歩くことさえできません。
綺麗な足を作って、サンダル・ミュールでのお出かけを楽しむには、どのような方法で角質除去を行えばいいのでしょうか?

軽石・やすりで削り取る

角質除去のもっとも確実な手段なのが、軽石ややすりを使ってガリガリと削り取る方法です。
軽石でも歯が立たないような、硬くて年季の入った角質には金属製の角質用やすりで削り取っていきます。
お風呂に入って皮膚をふやけさせてから使うのが軽石の基本的な使い方です。
軽石・やすりは硬い角質層を削るには最適ですが、それ以外の柔らかい皮膚に使うと、擦り傷を作り、水虫に感染する原因になることがあるので注意しましょう。

ヨーグルト・重曹で保湿+角質除去

角質がガチガチに硬くなったかかとは、乾燥して潤いも不足しているため、何かの拍子にひび割れやあかぎれを起こすことさえあります。
角質が深くひび割れしている時は、下手に軽石等で擦ると出血して大変なことになってしまいます。

このように、軽石が使えないような状態のかかとには、たんぱく質を柔らかくする働きがあるヨーグルト、重曹を利用して行う保湿も出来る角質除去が有効です。

やり方としては、ヨーグルト100gに対してハチミツ大さじ1・粗塩(天然塩)大さじ2を混ぜ合わせたヨーグルトローションを作ります。
化粧水を浸したコットンでかかとをパックして10分程度置いておきます。
そして、ヨーグルトローションをかかとに塗りつけて、刷り込むようにマッサージします。
マッサージした後は、シャワーなどで洗い流して化粧水・乳液・保湿クリームでケアしましょう。

ヨーグルト以外では、重曹とオリーブオイルを大さじ1ずつ混ぜ合わせたクリームが有効です。、重曹クリームも、刷り込んだ後は洗い流して化粧水・乳液・保湿クリームでケアします。

市販の角質除去ローションを使う

足の角質はかかとだけに出るというものではありません。
角質層は皮膚全てにあるため、足の裏全体に硬くなった角質が広がっていることも珍しくはないのです。
足全体に広がった角質を除去するのならば、市販されている角質除去ローションを使うのが一番手っ取り早い方法です。

この角質除去ローションは、ピーリングで使用される薬剤と同じ成分を含んでおり、使用から一週間程度で効果を発揮します。
足の皮がボロボロと剥がれ落ち、靴下が脱げたのかと見紛うほどズルッと角質が剥けてしまうのです。
個人差はありますがその効果は絶大で、足の裏どころか足の甲・指・足首の角質までがパックリと剥けてしまうほど。
あまり人様に見せられないような光景ですが、その効果と気持ちよさたるや軽石が二度と使えなくなってしまうほどです。

  • かかとが汚いとサンダルも履けやしない

    かかとが汚いとサンダルも履けやしない

    かかとは角質が硬くなってガサガサしやすい。ガサガサしたかかとは見栄えが悪くサンダルやミュールを履けなくする原因に。

  • ストレスや疲れも角質硬化の原因

    ストレスや疲れも角質硬化の原因

    足の角質が硬くなる原因には足への刺激や乾燥などがあるが、ストレスや疲労も皮膚の新生を阻害して角質を硬くする原因になってしまう。

  • 綺麗なかかとは角質除去から

    綺麗なかかとは角質除去から

    軽石や市販の除去ローショなどを駆使して角質を除去しなければ綺麗なかかとは作れない。角質がひび割れていた場合は保湿を優先しよう。